やぶさか日記

思った事をとりあえず書きます。

ブス認定はいつから

ブスだというのは小学生の頃から自覚していた。

性的マイノリティーの人からは「(容姿は)下の上」と言われた。

けれど、それを理由にいじめられていた、という事はなかったし

彼氏も出来た事もあるし

恵まれた環境にいたから、「どうせ私なんて・・・」なんていうひねくれた人間には、今のところなっていない

 

母親にも「可愛く産んであげられなくてごめんね」

「私に似なくてごめんね」

なんて言われる。

ブスという言葉を使わないものの、軽いノリで私の容姿をdisっている

(蛇足だが、私は「母にそっくり」と会った人9割に言われる。)

実の親に言われるのは、地味にキツイものがある。

けれど、そこまで本気で言っているのではないのでは?と感じる出来事があった。

 

 

私の同級生のお姉さんが、最近第2子を出産したという話を近所の人から聞いた後だった

家に帰って、もう2人の子供のお母さんなんだね~と私が言った後、母は

 

「○○ちゃん(お姉さんの名前)が結婚できたんだから、あんたもできるはずなんだけどね」

 

ボソッと低い声で言った。

 

お姉さんには申し訳ないが、私はお姉さんの事をブスだと思っていた。

今はなんだろう・・・aikoっぽい雰囲気をかもし出してる?

文章で説明するのが難しいのだが・・・とりあえず昔は容姿が醜いと思っていた(重複してる)

そのため、結婚するという話を聞いた時は「へーおめでとう」と棒読みを返したものの、内心は(え!?あれが!?)と驚いてしまった。

 

母のせりふから推測すると

母もお姉さんの事をブスだと思っていた節がある

それともうひとつ

○○ちゃん『が』結婚できたんだから

という部分

「が」という接続詞が自然に出てきたという事は

少なくとも私はお姉さんよりも容姿が上であると母が認識しているために出てきた言葉ではないか?

 

例えばお母さんが子供に習い事をさせようとする

「あの子もやっているんだから君もできる」

「あの子がやっているんだから君もできる」

なんとなくニュアンスが違うと思いませんか

 

前者は「あの子は少なくともわが子よりも少し上だからわが子もちょっとの努力があればできる」

後者は「あの子はわが子よりも劣っている、だからわが子は始めたらすぐにあの子に追いつく

的な

 

 

この出来事があってから、私は母の言葉を受け流すことが、少しだけだけど出来るようになった気がする

半分本気で半分冗談なのかな、って

 

まあ、どこかで糸が切れて爆発するかもしれませんが

その時はここで吐かせてください

 

 

「料理が苦手」ということ

私は料理が苦手である。

けれど「愛のエプロン」のようなゲテモノ料理を作る訳ではない

 

自分で創意工夫をする事が苦手なだけであって

味噌汁や野菜炒め程度なら普通に作る

 

普段、台所に立つ機会が多いお母さんや、料理を趣味としている人に比べたら下手な方だよ

 

という意味でこの言葉を使うのだ

 

しかし、世の中の人は「料理が苦手」という言葉を

「料理ができない」という意味にすり替えてしまうらしい…

 

私が包丁を握るだけで

「誰か殺す気か!?」と真剣な顔で言われるし

私が調理している所を見たら

「なんだ、料理できるんじゃん」

と、つまらなそうな顔をされた事もある

 

なぜなのだろう

「苦手」なだけなのだ

「できない」訳ではないのだ

 

ここをはき違えないでほしい

 

以上。

ネタバレは嫌だけど

 

b-rulership.hatenadiary.jp

 

ライブによく行く人間としてはこれ、すごくわかるな~。

私は好きなアーティストが2組おります。

ひとりめは某革命さん(あえて伏せる)。ライブ終了後、ツイッターでMCやセットリスト内容がタイムラインで滝のように流れてくるんだけど、あえて見ないようにしています。

でも、ネタバレしたからと言って楽しみが減る訳ではない。

むしろ「この曲歌ったんだ!」と嬉しくなったりするのがほとんどなんだよね。

 

ふたりめは某ビジュアル系エアーバンド(これもあえて伏せる)。

こちらは基本的にネタバレ禁止。結構徹底している。で、オーラス終了後、ネタバレ解禁になる。

 

メリットはライブ参戦までの楽しみが増える

デメリットは曲がわからないと振り付けに困る

これは、エアーバンドさんの曲にはほとんど振り付けがありまして、ガチのファンならすべて完璧に踊れるんでしょうが、私はまだ全部は踊れない。

なので、セットリストがわからないと本番中イントロが流れた瞬間「えっこの曲くるか!?」なんて事がある。

踊っていないと(ファンなのに踊れないなんて…)なんて自己嫌悪におちいったりする(大げさじゃないよ割とマジで)

……これ、ビジュアル系バンドのファンしか当てはまらないね

とりあえずこういう特殊な事情もあるよ、というのを分かってもらえればいいです。

 

できればネタバレはしないでほしいけど、場合によっては知っていた方がこっちで下準備ができるからアリの場合もある

 

というのが私の結論

オタクはなんでも知っている

知人とカラオケに行くと、高確率で振り付けがある曲をリクエストされる。

そして必ず「踊れるよね?」と言われる。

断定されるのだ。

他にも、サブカルチャー(特にアニメ)について意見を求められたりすることがたまにある。

最近だと「「君の名は。」ってどう思う?」だったかな。。。

 

どうして私に聞くの?ほかの人に聞けばいいじゃん、と思うのだが、理由を真剣に考えてみたところ、ある仮説にたどり着いた。

 

それは、私がアニオタであるから、ではないかと。

 

いや、言うほどオタクではないけれど。

学生時代はアニメ誌(Newtypeアニメージュアニメディア)は毎月買っていた時期もあったし、こちらで放送しない番組はDVDを借りて見ていた。

アニメイトは家から電車で1時間の場所にあったので、滅多に行く事ができなかったので、車の免許を取って好きな時に行けるようになったのには狂喜乱舞した(大げさか)

 

話を戻して

知人たちが考えるオタクというのは、専門知識が豊富というイメージがあるのではないかと考えた。

詳しい人は「あのアニメのあのシーンに隠れキャラがいる」とか様々な小ネタを記憶している。それも1つの作品ではなく数作にのぼって知識を披露できる人がざらにいるから拍手ものである。

多分知人は「アニオタ」からなぜか「アニ」が取れ、「オタ」だけが残った状態になっているのではないかと思ったのだ。

 

オタク=知識が豊富

 

と勝手に脳内変換した結果、私に色々聞いてくるのではないかと。

 

ちなみに私は「君の名は。」見てないです。

けれど歌の振り付けに関しては、期待されてるのは薄々感づいているので、ちょっとは覚えるようにしています。

でも、正直あんまり期待しないでほしいよね…

明けましたね。

2017年です。

始まっちゃいましたね。

 

このブログも今年から色々書いていこうと思いますので

どうか末永く見守っていただければ幸いです。

(なんか入籍報告のブログ文みたいだな…)

 

カウコン見ながらコカ・コーラを飲んで2時あたりに寝る予定の皐月でした。

お引っ越し&はじめまして

はじめまして、皐月と申します。

以前は違うID、サイト名でブログやってたんですが、いったん退会したのち戻ってきました。

 

とりあえず更新に間を空けない事が目標です。

今日は眠いのであいさつだけ…

 

明日が仕事納めです

気力振り絞って頑張ります。